宇宙から来た医師団、夢に住む。 by和田一真

森羅万象の本質と創造の原理。宇宙は心の象徴、鏡、比喩だった!                                         これは、覚醒者・前里光秀さんと宇宙人に教わったスピリチュアル世界の真相について語ったブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークショップ・トライアル2⑦ 加速する覚醒

2日目のその次のセッションは、昨日の透視の続きでした。僕はUくんとペアになりました。Uくんは仲が良いので、リラックスして臨むことができました。






僕が透視をする場面でのことです。Uくんが「今日の晩ごはんは?」と聞いてくる途中で、カレーのビジョンが見えました。あまりに早かったので答えるのに躊躇しましたが、「カレーが見えたんですけど…」と言いました。すると「俺の大好物じゃん!」と笑っていました。しかし、「だけどまぁ正直今日はないね。カレーは俺が留守番のときだからさ」とも言われました。






次に「今度ゴルフ行くんだけど、晴れるかな?」と聞かれたのですが、「68」というビジョンが見えました。「スコアにしては凄すぎるし、なんか関連があるのかなぁ」と思いながら「68って見えたんですけど…」と言いました。するとUくんが「えっ!?たしかゴルフに参加する人数が60何人かだったよ」と目を見開いて言いました。僕はてっきり友達と数人で行くと思っていたので、そんなことはまったく考えてもいなかったので驚きました。






ここまで来ると「もういい加減に信じてくれ!」というガイドの声が聞こえそうですが、まだ自信が持てませんでした。昨日はっきりと腑に落としたはずなのに、もう疑っている自分がいました。これを信じるためには、こういう経験を重ねるしかないのだと思います。






2日目の最後は「意識体分割」のエクササイズでした。






救出活動をするとき、意識体分割ができると救出活動がはかどります。分割した自分がそれぞれ情報を取って来るので、ひとつのビジョンに入ればより細かく情報が取れ、それぞれが別のビジョンに入れば、一度に多くの情報を取ることができます。それを「楽しい」と表現したのは、いかにもミツさんらしいです。






これは明らかに難易度が高く、ロバート・モンローが言っていた覚醒への実践的なエクササイズだと思いました。






方法としては、まず両手を前にかざし、ゆっくりと後退するにつれて両手を開いていきます。その手に目があるとし、2つの視点からビジョンを見るのです。これは目で追うと絶対できないので、目を閉じてやるしかなくなります。そして右から左を見たり、左から右を見たりするのです。






その先にミツさんの30人の意識体分割があります。このエクササイズは相当な集中力を使い、脳が疲れました。自分の向いている方向で2人に意識体分割をするのは何となくできましたが、自分を見るように2人に意識体分割をするのはまったく訳が分かりませんでした。どうしても目で3つの視点を追ってしまい、同時に見ることができませんでした。






ここでワークショップ終了の時間が近づいてきて、最後にミツさんからの挨拶がありました。

前里光秀 前里光秀 前里光秀 前里光秀 前里光秀 和田一真 和田一真 和田一真 和田一真 和田一真 スピリチュアル スピリチュアル スピリチュアル 霊能者 霊能者 霊能者 霊能者 霊能者 霊能者 宇宙人 宇宙人 宇宙人 宇宙人 宇宙人 宇宙人 ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう 体外離脱 体外離脱 体外離脱 体外離脱 体外離脱 へミシンク へミシンク へミシンク へミシンク モンロー研究所 モンロー研究所 モンロー研究所 バシャール バシャール バシャール バシャール

ミツさんは、「前回に比べて格段に内容が良くなった」と言っていました。今回もノープランでワークショップを迎え、前回と同じ内容でやるつもりだったらしいですが、ガイドやスタッフ、そしてロバート・モンローからどんどん別の事を言われ、まったく違う内容になったとのことでした。






そして、「僕自身次会うときは、今回とはまったく違う段階にいたい」と言いました。ミツさんは昨年5月に覚醒し、ワークショップに参加したり開催したりする度に知覚が広がり新しい能力を身に付けてきました。その覚醒が今も驚くべくスピードで加速を続けているのです。






今回のワークショップでも知覚意識図を参加者に配りましたが、前回よりかなり詳細に渡って分析できるようになっていました。この「能力の設計図」ともいうべき意識の構造について、今後も研究を続けていく予定です。






そして僕も、今回は大きな変化がありました。「腑に落とす」のがうまくできない僕ですが、それでも少しずつ知覚が確実に拡大しているのが分かるのです。そしてその日の最後に、深夜0時をまわる前に、Uくんから携帯にメールが来ました。






これを見たとき、もう「見えない」ということは言えないと思いました。そのメールが、2日間のワークショップの成果をはっきりと僕に見せてくれたのです。文中の「一真」というのは僕の名前です。






「かっ…一真(@@;)今日の飯カレーだった!!カレーの鍋見たとき叫んじまった!」






ありがたいことに、ミツさんは覚醒に向けていつも楽しい道を用意してくれています。





























これでワークショップ・トライアル2は終わります!読んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。まだ続きがありますので、更新していきますね~

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 和田 一真

Author: 和田 一真
 
こんにちは!ありがとうございます^^

2008年5月に米国モンロー研究所のライフライン・プログラムに参加し、前里光秀さん(ミツさん)と親しくなりました。

米国モンロー研究所のヘミシンク技術で人類史上稀に見る爆発的覚醒を遂げたミツさん。

ハイアーセルフとの対話、歩きながらの体外離脱、多人数への意識体分割、ご飯を食べながら魂の救出活動、ディレクト・システムの分析、宇宙から来た医師団のチャネリングetc…

スピリチュアル世界を越え、辿り着いたのは森羅万象の本質と創造の原理。宇宙は心の象徴、鏡、比喩だった。

僕に楽しい体験や楽しい日常を綴らせてください!


追記:2011年11月、ミツさんはフルトランスチャネラーとなりました。

最新記事

右サイドメニュー

ご挨拶♪ よろしくお願いします

スピリチュアルラジオ番組こちらです

第1回  ミツさんの生い立ち         第2回  宇宙人との交信          第3回  ゆきぃさんの過去世     第4回  スピリチュアル恋愛講座     第5回  病気とスピリチュアル          第6回  心霊特集              第7回  体外離脱の活かし方           第8回  心の在り方と妊娠の関係          第9回  加速するシンクロニシティ               第10回 引きこもりについて                   番外編  うつ・引きこもりサポート                          第11回 行動が引き寄せる現実             第12回 奇跡の1日報告会                       第13回 ゆきぃと一真の変化                 第14回 UFOでのミーティング          第15回 1時間まるごと質問特集         第16回 ワーク参加のみなさん登場             第17回 ワークで激変したゆきぃさん            第18回 夢が意味すること             第19回 観念と死後の世界               第20回 変化、その先にあるもの

ライフライン体験記

① 自己紹介                  ② セッション開始                 ③ 通訳と交信                 ④ 何も見えない                 ⑤ 体外離脱と意識体分割                 ⑥ 見えない理由                 ⑦ 脳の工事                 ⑧ 知覚の拡大と信念の崩壊                ⑨ 宇宙人との交信                 ⑩ 時間と空間を解放する                ⑪ ビジョンとその見方                ⑫ 誰でもビジョンは見える                ⑬ フォーカス119とイチローの意識                 ⑭ ガイドに応える                 ⑮ アセンションへの役割                 ⑯ 今を生きる                  ⑰ 宇宙旅行                ⑱ 信念体系領域の圧縮とビジョンの意味                       ⑲ 宇宙から来た医師団                 ⑳ 約束
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。