宇宙から来た医師団、夢に住む。 by和田一真

森羅万象の本質と創造の原理。宇宙は心の象徴、鏡、比喩だった!                                         これは、覚醒者・前里光秀さんと宇宙人に教わったスピリチュアル世界の真相について語ったブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄ワークショップ ステージⅡ① 思考の物質化

2009年1月9日から12日にかけて、『前里光秀ワークショップ ステージⅠ&Ⅱ in沖縄』が開催されました。今回は年明けすぐにもかかわらず、12名の方にご参加していただきました。






前回のワークショップでは透視から始まり、カウンセリング、体内外離脱、知覚意識のトレーニングなど多岐に渡り、それらを活用しての現実世界にしっかりと足をつけることを意図したものでした。その中で自分自身の知覚が確実に広がってガイドやロバート・モンローから簡単な情報を得ることができるようになり、自分への疑いは少しずつ消えていきました。






ミツさんは参加者を指導して育成する気持ちでワークショップを開いています。ガイドとのコンタクトや過去世体験などのセッションをただ楽しんでやる事もできますが、家に帰ってから現実世界に活かすには本人の認識を変えないといけません。






僕はライフラインで脳の工事を受けてビジョンが見えるようになってから、またもとの状態に戻りました。非物質で脳の工事を受け、どれだけ鮮明なビジョンを見せられても、時間が経つと「気のせい」にして受け入れることができず、その繰り返しで進歩がないのです。これを乗り越えることができるのは「どれだけ自分自身を信頼できるか」ということにかかってくるのでしょう。






そういう意味では、今回のワークショップでも覚悟を決めた、もしくは覚悟を決めている人は一気に覚醒しました。覚醒にも認識の差があるので、その人がミツさんと同じくらいまで情報を取れないかもしれません。






しかし覚醒のドアを開き続けている限り、限界なく覚醒し続けるのだと思います。実際、大きな覚醒のドアを開いているミツさんは、今回のワークショップでも凄まじいまでの情報を得続けていました。






ワークショップで講義をしている時、ミツさんはずっと宇宙から来た医師団をチャネリングした状態でしゃべっています。だから自分の口から出る言葉を聞いて、休んでいる意識体のミツさんはいつも感心しているそうです。医師団が作る流れに完全に乗りながら、ワークショップは進んでいきました。






初日はいつも、自分自身のスタートラインに線を引くところから始まります。参加者同士でそれぞれの体験を話すのですが、ミツさん曰く「別の人の事に自分の答えがある。自分の事について話すことが、別の人にとって答えがある」そうです。






肉体の制限を外してしまえば誰もが誰もの側面であるので、シェアをし合うのはそれ以降の自分にとって、そして参加者全員にとってとても大事なことです。そしてシェアをした段階で認識が変わっているのです。






シェアをすると、既にある程度の一体感が生まれていました。楽しいコーヒーブレイクを挟んだ後、まずカウンセリングをするに当たっての注意事項から始まりました。よく霊能者に「幸せにならない」、「お金持ちにならない」、「結婚できない」などと言う人がいます。もしそういうビジョンが見えるのだとしたら、それは相手のエネルギーを読む時にマイナスの部分に目を向けている場合が多いようです。

前里光秀 前里光秀 前里光秀 前里光秀 前里光秀 和田一真 和田一真 和田一真 和田一真 和田一真 スピリチュアル スピリチュアル スピリチュアル 霊能者 霊能者 霊能者 霊能者 霊能者 霊能者 宇宙人 宇宙人 宇宙人 宇宙人 宇宙人 宇宙人 ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう 体外離脱 体外離脱 体外離脱 体外離脱 体外離脱 へミシンク へミシンク へミシンク へミシンク モンロー研究所 モンロー研究所 モンロー研究所 バシャール バシャール バシャール バシャール

また、そういう脅しに近いようなことを言えば相談者がまた頼って来てくれるという計算もあるのでしょう。また、自分自身のエネルギーを相手に混ぜてしまう人もいます。






ではどうすれば相手のエネルギーを精確に読むことができるのかと言うと、自分自身を「中心」に持ってくることです。「中心」とは、知覚意識で言えば下丹田のことです。これを作って感情のブレを無くさないと、相手のエネルギーを精確に読むことはできません。楽しいエネルギーはいいのですが、それ以外の感情を相手に投射することなくカウンセリングすることが大事なのです。






上記のようにバックボーンとしていわゆる霊能力を使ってカウンセリングをする場合、ビジョンが見えないとカウンセリングをするのは難しいです。ミツさんは「ワークショップに参加したら、カウンセリングができるようになるのは当たり前」という気持ちで参加者の指導をしています。






「ビジョンが見えない」と言っているといつまでたっても見えません。僕も「見えない」が口癖でしたが、何度か見えた経験をし、それを半信半疑でもある時を境に言うのを辞めました。それをしないと前に進めないことをミツさんが教えてくれたのです。また、「ビジョンが見たい」というのも、自分が見る前の状態にいる前提なので見えません。






ただ、自分の思考が物質化して3次元で現実となっているだけなのです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 和田 一真

Author: 和田 一真
 
こんにちは!ありがとうございます^^

2008年5月に米国モンロー研究所のライフライン・プログラムに参加し、前里光秀さん(ミツさん)と親しくなりました。

米国モンロー研究所のヘミシンク技術で人類史上稀に見る爆発的覚醒を遂げたミツさん。

ハイアーセルフとの対話、歩きながらの体外離脱、多人数への意識体分割、ご飯を食べながら魂の救出活動、ディレクト・システムの分析、宇宙から来た医師団のチャネリングetc…

スピリチュアル世界を越え、辿り着いたのは森羅万象の本質と創造の原理。宇宙は心の象徴、鏡、比喩だった。

僕に楽しい体験や楽しい日常を綴らせてください!


追記:2011年11月、ミツさんはフルトランスチャネラーとなりました。

最新記事

右サイドメニュー

ご挨拶♪ よろしくお願いします

スピリチュアルラジオ番組こちらです

第1回  ミツさんの生い立ち         第2回  宇宙人との交信          第3回  ゆきぃさんの過去世     第4回  スピリチュアル恋愛講座     第5回  病気とスピリチュアル          第6回  心霊特集              第7回  体外離脱の活かし方           第8回  心の在り方と妊娠の関係          第9回  加速するシンクロニシティ               第10回 引きこもりについて                   番外編  うつ・引きこもりサポート                          第11回 行動が引き寄せる現実             第12回 奇跡の1日報告会                       第13回 ゆきぃと一真の変化                 第14回 UFOでのミーティング          第15回 1時間まるごと質問特集         第16回 ワーク参加のみなさん登場             第17回 ワークで激変したゆきぃさん            第18回 夢が意味すること             第19回 観念と死後の世界               第20回 変化、その先にあるもの

ライフライン体験記

① 自己紹介                  ② セッション開始                 ③ 通訳と交信                 ④ 何も見えない                 ⑤ 体外離脱と意識体分割                 ⑥ 見えない理由                 ⑦ 脳の工事                 ⑧ 知覚の拡大と信念の崩壊                ⑨ 宇宙人との交信                 ⑩ 時間と空間を解放する                ⑪ ビジョンとその見方                ⑫ 誰でもビジョンは見える                ⑬ フォーカス119とイチローの意識                 ⑭ ガイドに応える                 ⑮ アセンションへの役割                 ⑯ 今を生きる                  ⑰ 宇宙旅行                ⑱ 信念体系領域の圧縮とビジョンの意味                       ⑲ 宇宙から来た医師団                 ⑳ 約束
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。