宇宙から来た医師団、夢に住む。 by和田一真

森羅万象の本質と創造の原理。宇宙は心の象徴、鏡、比喩だった!                                         これは、覚醒者・前里光秀さんと宇宙人に教わったスピリチュアル世界の真相について語ったブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄ワークショップ ステージⅡ③ 言葉にかき消されるコップ一杯の思い

2日目の午前は4人でグループを作っての透視から始まりました。1人の方を3人で透視するというやり方です。これは3人で同じテーマについて透視することによって、他人と自分の見たビジョンからそれぞれの認識の差を確認できます。






その認識の差は、自他の区別をすることから生じます。カウンセリングをする場合、「相手は自分だ」という思いがないと、「人の事は分からない」という認識が働き、相手から情報が取れません。非物質で「重なる」行為を「プライバシーの侵害」としてしまっては、カウンセリングはできないのです。






参加者の中に、プロのヒーラーの女性がいました。その方は「自動しゃべり」といって、ずっと情報をダウンロードした状態でカウンセリングをすることができます。実はこれはミツさんと同じ状態で、「口が勝手にしゃべる」という認識のチャネリングでもあります。






チャネリングについて考えてみると、フルトランスで完全に意識まで預ける場合、本人の信念はゼロ(に近い)ので、自分の知らない知識や用語が口から出てきやすいはずです。それに比べ、カウンセリングのように意識を残したまま情報を得ようとすると、信念が情報に色付けをしてしまうのでしょう。






信念というフィルターに知識を詰め込めば、それなりの的確なアドバイスや論理的な発想が出来るようになるかも知れません。しかし、信念を外していくとミツさんのように知らない言葉や概念が情報として受け取れる、それを再確認しました。誰もが非物質の意識体では全てに重なっています。知らないことなど初めから1つも存在しないのです。

前里光秀 前里光秀 前里光秀 前里光秀 前里光秀 和田一真 和田一真 和田一真 和田一真 和田一真 スピリチュアル スピリチュアル スピリチュアル 霊能者 霊能者 霊能者 霊能者 霊能者 霊能者 宇宙人 宇宙人 宇宙人 宇宙人 宇宙人 宇宙人 ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう 体外離脱 体外離脱 体外離脱 体外離脱 体外離脱 へミシンク へミシンク へミシンク へミシンク モンロー研究所 モンロー研究所 モンロー研究所 バシャール バシャール バシャール バシャール

ミツさんはいつも「どんな事でも質問してください」と確認をとりながら進めていきます。ある女性が「ため息をつくと幸せが逃げていくというのは本当ですか」と聞きました。「本当です。ため息をつくことによってため息を注文したことになるんです。だからもっと疲れるんです」。






ここから時間の話に移っていきました。ミツさんの考えでは、世界は『パラレルワールド(並行世界)』です。今この現実と同時に数え切れないくらい別の宇宙が存在し、それと同じように別の自分が存在しています。「過去の流れがあって今がある、というのは信念」で、一瞬単位であらゆる存在は生まれて死んで、そして生まれて死んで…を繰り返しています。だから過去を引きずる必要はないのです。






レストランで「カレーを頼もう」と思っていても、注文する時に「うどん!」と言ったらうどんが出てきます。ミツさんは「思いがコップ一杯の水だとしたら、言葉はバケツ一杯の水です」と教えてくれました。両者の間にそれだけの分量の差があるので、言葉には気をつけなくてはいけないのです。






「疲れた」と言っていると、次の瞬間に「疲れた自分」が誕生します。「ビジョンが見えない」と言っていると、次の瞬間に「ビジョンが見えない自分」が誕生します。「大したことない」と言っていると、次の瞬間に「大したことない自分」が誕生します。






現実を作っているのは自分です。そして未来を作っているのも自分です。それは分かっていました。でもそこまでしか考えたことがありませんでした。






この時は『パラレルワールド』という世界が引き起こす驚くべき事実に気付きませんでした。前から「時間と空間が存在しない」、「存在すると思うことが信念」ということは何となく理解してきたつもりです。でもその世界の先にどういう事が起こるか、考えたこともありませんでした。






その世界像は、僕にとってライフライン以来の衝撃だったのです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 和田 一真

Author: 和田 一真
 
こんにちは!ありがとうございます^^

2008年5月に米国モンロー研究所のライフライン・プログラムに参加し、前里光秀さん(ミツさん)と親しくなりました。

米国モンロー研究所のヘミシンク技術で人類史上稀に見る爆発的覚醒を遂げたミツさん。

ハイアーセルフとの対話、歩きながらの体外離脱、多人数への意識体分割、ご飯を食べながら魂の救出活動、ディレクト・システムの分析、宇宙から来た医師団のチャネリングetc…

スピリチュアル世界を越え、辿り着いたのは森羅万象の本質と創造の原理。宇宙は心の象徴、鏡、比喩だった。

僕に楽しい体験や楽しい日常を綴らせてください!


追記:2011年11月、ミツさんはフルトランスチャネラーとなりました。

最新記事

右サイドメニュー

ご挨拶♪ よろしくお願いします

スピリチュアルラジオ番組こちらです

第1回  ミツさんの生い立ち         第2回  宇宙人との交信          第3回  ゆきぃさんの過去世     第4回  スピリチュアル恋愛講座     第5回  病気とスピリチュアル          第6回  心霊特集              第7回  体外離脱の活かし方           第8回  心の在り方と妊娠の関係          第9回  加速するシンクロニシティ               第10回 引きこもりについて                   番外編  うつ・引きこもりサポート                          第11回 行動が引き寄せる現実             第12回 奇跡の1日報告会                       第13回 ゆきぃと一真の変化                 第14回 UFOでのミーティング          第15回 1時間まるごと質問特集         第16回 ワーク参加のみなさん登場             第17回 ワークで激変したゆきぃさん            第18回 夢が意味すること             第19回 観念と死後の世界               第20回 変化、その先にあるもの

ライフライン体験記

① 自己紹介                  ② セッション開始                 ③ 通訳と交信                 ④ 何も見えない                 ⑤ 体外離脱と意識体分割                 ⑥ 見えない理由                 ⑦ 脳の工事                 ⑧ 知覚の拡大と信念の崩壊                ⑨ 宇宙人との交信                 ⑩ 時間と空間を解放する                ⑪ ビジョンとその見方                ⑫ 誰でもビジョンは見える                ⑬ フォーカス119とイチローの意識                 ⑭ ガイドに応える                 ⑮ アセンションへの役割                 ⑯ 今を生きる                  ⑰ 宇宙旅行                ⑱ 信念体系領域の圧縮とビジョンの意味                       ⑲ 宇宙から来た医師団                 ⑳ 約束
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。