宇宙から来た医師団、夢に住む。 by和田一真

森羅万象の本質と創造の原理。宇宙は心の象徴、鏡、比喩だった!                                         これは、覚醒者・前里光秀さんと宇宙人に教わったスピリチュアル世界の真相について語ったブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄ワークショップ ステージⅢ① 統合する世界

2009年3月18日~22日に開催された『前里光秀ワークショップ ステージⅠ,Ⅱ&Ⅲ』でのことです。






3日目の夜に、参加者の女性がミツさんと僕の泊まっている部屋を訪ねてきました。Tさんという方です。






ワークショップ中に透視やチャネリングでビジョンを見ていたのですが、「やっぱり信じられない」というのです。






Tさんは「アセンションをしたい」という一心で30年間、スピリチュアルを学んできました。Tさんの感じるこの現実世界はとても辛く苦しく、アセンションすることですべてから解放されるのではないか、ということでした。






Tさんはとにかくこの思い通りに行かない現実世界が嫌いでした。どこかへ逃げたいと思い、リアルな空想の世界を創り、そこにいるときだけ心が満たされていました。その世界では好きなことを好きなだけ楽しむことができます。すべてが自分の思い通りになるのです。






しかし肉体は3次元にあるので、空想の世界から戻らなくてはなりません。そのジレンマがずっと心の中にあり、「アセンションすることですべてから解放される」と思ったのです。






ミツさんはTさんが空想の世界に行くことを「体外離脱」だと教えました。空想の世界は非物質で創り上げた世界です。






実はそれは、パラレルワールドでもあったのです。






ミツさんは話を聞いているときに、大量の画面で別次元で存在しているTさんを見ました。そこで見たのは、「すべての世界で泣いているTさん」でした。






パラレルワールドにいるのは別の自分です。髪型がちょっと違う、着ている服がちょっと違う、体型がちょっと違うのです。でも、同じものがありました。それはどの世界も「泣いている」ということです。






Tさんは知らぬうちにパラレルワールドとの太いパイプを作っていました。いとも簡単にアクセスできるので、また、何でもできるので、それが自分の求めていた世界だとは気づきませんでした。もっと特別な世界があると思っていたのです。






しかし問題はここからです。Tさんがパラレルワールドに存在する「別の自分」に入り込む意識の量が多くなると、「別の自分」は意識を飛ばしてしまいます。全部「自分」ですが、「別次元の自分」なのです。






するとどういうことが起きるのでしょう。それは、「別の自分も意識を飛ばしてTさんに入り込む」のです。どの世界のTさんも、全員が意識を飛ばしてしまうのです。それは、記憶が飛ぶことと同じです。






聞くと、Tさんは不注意での追突事故を3回起こしていました。意識が飛んでいる間に、コントロールできない「別の自分」が入っていたのです。






パラレルワールドの説明をした後、ミツさんは言いました。「生まれて来ただけで100%達成しているんです。誰かになりたいなんて思わなくていいんです。向こうの世界に行かなくても、この世界で楽しいことをすればいいんですよ」。






この瞬間、Tさんはすべてのことを理解し、「私は何を考えていたんだろう…この30年間、今まで何をやっていたんだろう…」と涙しました。






とてもショックを受けていました。Tさんを前から知っている友人の参加者が、優しくその30年間の後悔を聞いていました。しかしその後、Tさんは現実世界でしっかりと生きていく決意をしました。






すると、パラレルワールドのTさんもすべて決意をしたのです。そしてTさんは、過去や未来の、たくさんのビジョンを見ることができるようになりました。






全ての次元の「自分」を統合すると、計り知れないパワーが生まれます。この世界にしっかりと足をつけると、意図した世界に飛び、ビジョンが見えるのです。






Tさんはとても話すのが好きな方です。僕が未来を見たとき、Tさんは講演会を開いていました。それを伝えると、「ミツさんや他の人にも言われたのよ。うれしいわ」と笑っていました。






未来を創るのは自分です。きっと、楽しい毎日を過ごしているのだと思います。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 和田 一真

Author: 和田 一真
 
こんにちは!ありがとうございます^^

2008年5月に米国モンロー研究所のライフライン・プログラムに参加し、前里光秀さん(ミツさん)と親しくなりました。

米国モンロー研究所のヘミシンク技術で人類史上稀に見る爆発的覚醒を遂げたミツさん。

ハイアーセルフとの対話、歩きながらの体外離脱、多人数への意識体分割、ご飯を食べながら魂の救出活動、ディレクト・システムの分析、宇宙から来た医師団のチャネリングetc…

スピリチュアル世界を越え、辿り着いたのは森羅万象の本質と創造の原理。宇宙は心の象徴、鏡、比喩だった。

僕に楽しい体験や楽しい日常を綴らせてください!


追記:2011年11月、ミツさんはフルトランスチャネラーとなりました。

最新記事

右サイドメニュー

ご挨拶♪ よろしくお願いします

スピリチュアルラジオ番組こちらです

第1回  ミツさんの生い立ち         第2回  宇宙人との交信          第3回  ゆきぃさんの過去世     第4回  スピリチュアル恋愛講座     第5回  病気とスピリチュアル          第6回  心霊特集              第7回  体外離脱の活かし方           第8回  心の在り方と妊娠の関係          第9回  加速するシンクロニシティ               第10回 引きこもりについて                   番外編  うつ・引きこもりサポート                          第11回 行動が引き寄せる現実             第12回 奇跡の1日報告会                       第13回 ゆきぃと一真の変化                 第14回 UFOでのミーティング          第15回 1時間まるごと質問特集         第16回 ワーク参加のみなさん登場             第17回 ワークで激変したゆきぃさん            第18回 夢が意味すること             第19回 観念と死後の世界               第20回 変化、その先にあるもの

ライフライン体験記

① 自己紹介                  ② セッション開始                 ③ 通訳と交信                 ④ 何も見えない                 ⑤ 体外離脱と意識体分割                 ⑥ 見えない理由                 ⑦ 脳の工事                 ⑧ 知覚の拡大と信念の崩壊                ⑨ 宇宙人との交信                 ⑩ 時間と空間を解放する                ⑪ ビジョンとその見方                ⑫ 誰でもビジョンは見える                ⑬ フォーカス119とイチローの意識                 ⑭ ガイドに応える                 ⑮ アセンションへの役割                 ⑯ 今を生きる                  ⑰ 宇宙旅行                ⑱ 信念体系領域の圧縮とビジョンの意味                       ⑲ 宇宙から来た医師団                 ⑳ 約束
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。