宇宙から来た医師団、夢に住む。 by和田一真

森羅万象の本質と創造の原理。宇宙は心の象徴、鏡、比喩だった!                                         これは、覚醒者・前里光秀さんと宇宙人に教わったスピリチュアル世界の真相について語ったブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄ワークショップ ステージⅢ③ 生と死の境界線

2009年3月18日~22日に開催された『前里光秀ワークショップ ステージⅠ,Ⅱ&Ⅲ』でのことです。






ワークショップでは潜在意識と向き合い、自己に変革を起こしていきます。それは楽しい作業なのですが、自分の一番根っこの部分を入れ替えるのでとても大変な作業でもあります。






ある女性の方は「見えない」という意識が強く、ワークショップ初日からとても辛い思いをしていました。その思いが日を増すごとに強くなり、そしてあまりの苦しさに海に身を投げてしまいたくなったそうです。最終日にミツさんがその方とじっくりお話をした時、新しい情報をダウンロードしていました。






以前にミツさんが分析したこのワークショップの知覚意識図には、強力な上昇系のエネルギーや前進力を促すエネルギーが働いており、また、右脳と左脳にダイレクトに情報のラインが入って、背後にガイドの存在が映し出されていました。






これを潜在意識が知覚するので、ガイドのバックアップを受けながら情報を入手し、ビジョンを見ることが出来るようになるみたいです。






また、参加する前から体調に変化が起きたり、不思議なことが起きたりと報告する人が多くいます。これも申し込みをして意識がワークショップに向くことで、潜在意識がワークショップの知覚意識図を読み取るからなのです。






意識図の通り、ワークショップではプラス思考の話(上昇や前進)しかしないので、ほとんどの方がすぐにプラスに変換します。しかし中にはあまりの急激な変化に、潜在意識が急ブレーキをかけてワークショップ中にとても苦しくなる方もいます。それがこの女性の参加者でした。






ミツさんの考えでは、人生は、マイナス思考とプラス思考では体験する世界がまったく違うものになります。






例えばマイナス思考の人が歩んできた人生。人生で起こった様々な出来事にマイナスの意味づけをして、「大変な人生を生きている自分」を創り上げます。自分に対して習慣のように「何で失敗したのだろう」、「どうしてうまくいかないのか」という質問をします。






その思考のままでビジョンを見ると、暗い世界しか見えません。ビジョンは自分の信念のフィルターを通して見るので、マイナス思考の人が見るビジョンはマイナスの情報ばかりなのです。もし明るい世界を見たいと思えば、プラス思考に変換するだけです。






これは死後の世界にも言えることです。死ぬと意識体は、その直前の思考のまま物質界と非物質界の境界線を越えることになります。






非物質の世界では時間が存在しないので、思考が一瞬にして実現します。思考が間髪入れずに実現するので疑いの余地がなく、プラス思考の人はずっと楽しい世界を創造し続け、マイナス思考の人は苦しみのスパイラルから抜け出せなくなります。






「死ぬ」ということは、そのままの状態で1本線を越え、その思考を倍々にして創造する世界に入るということなのです。

前里光秀 前里光秀 前里光秀 前里光秀 前里光秀 和田一真 和田一真 和田一真 和田一真 和田一真 スピリチュアル スピリチュアル スピリチュアル 霊能者 霊能者 霊能者 霊能者 霊能者 霊能者 宇宙人 宇宙人 宇宙人 宇宙人 宇宙人 宇宙人 ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう 体外離脱 体外離脱 体外離脱 体外離脱 体外離脱 へミシンク へミシンク へミシンク へミシンク モンロー研究所 モンロー研究所 モンロー研究所 バシャール バシャール バシャール バシャール

マイナス思考の苦しい状態で死を選択すると、待っているのはもっと実現が早い死後の世界。だから「苦しいから死ぬ」というのは危険で、思考が実現しにくい物質界で頑張った方がとても楽だということでした。






プラス思考のミツさんが見るビジョンも、マイナス思考の人が見るビジョンも、スピリチュアルな世界が美しいと思っている人が見るビジョンも、怖い世界だと思っている人が見るビジョンも…すべてその人にとっての真実です。






物質界でも非物質界でも、どんな世界を体験するのかは、思考が決めます。もし体験する世界をプラスに映る世界に変えたければ、自分を変えなければいけません。肉体の制限を外しても、思考が変わることはないのです。






思考が実現するまでに時間がかかるこの世界は、夢の実現とそのプロセスを奇跡的に楽しむことが出来ます。それは、死んでからは絶対に出来ない、生きている僕たちだけの特権なのだと思いました。

Comment

NoTitle 

最後のこの言葉。

「思考が実現するまでに時間がかかるこの世界は、夢の実現とそのプロセスを奇跡的に楽しむことが出来ます。それは、死んでからは絶対に出来ない、生きている僕たちだけの特権なのだ」


すごくポジティブで、
ロマンティックで、
なんて素敵なんでしょう。。。美しい。。。

気づきをありがとうです。
  • posted by emyu 
  • URL 
  • 2011.01/14 15:29分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 和田 一真

Author: 和田 一真
 
こんにちは!ありがとうございます^^

2008年5月に米国モンロー研究所のライフライン・プログラムに参加し、前里光秀さん(ミツさん)と親しくなりました。

米国モンロー研究所のヘミシンク技術で人類史上稀に見る爆発的覚醒を遂げたミツさん。

ハイアーセルフとの対話、歩きながらの体外離脱、多人数への意識体分割、ご飯を食べながら魂の救出活動、ディレクト・システムの分析、宇宙から来た医師団のチャネリングetc…

スピリチュアル世界を越え、辿り着いたのは森羅万象の本質と創造の原理。宇宙は心の象徴、鏡、比喩だった。

僕に楽しい体験や楽しい日常を綴らせてください!


追記:2011年11月、ミツさんはフルトランスチャネラーとなりました。

最新記事

右サイドメニュー

ご挨拶♪ よろしくお願いします

スピリチュアルラジオ番組こちらです

第1回  ミツさんの生い立ち         第2回  宇宙人との交信          第3回  ゆきぃさんの過去世     第4回  スピリチュアル恋愛講座     第5回  病気とスピリチュアル          第6回  心霊特集              第7回  体外離脱の活かし方           第8回  心の在り方と妊娠の関係          第9回  加速するシンクロニシティ               第10回 引きこもりについて                   番外編  うつ・引きこもりサポート                          第11回 行動が引き寄せる現実             第12回 奇跡の1日報告会                       第13回 ゆきぃと一真の変化                 第14回 UFOでのミーティング          第15回 1時間まるごと質問特集         第16回 ワーク参加のみなさん登場             第17回 ワークで激変したゆきぃさん            第18回 夢が意味すること             第19回 観念と死後の世界               第20回 変化、その先にあるもの

ライフライン体験記

① 自己紹介                  ② セッション開始                 ③ 通訳と交信                 ④ 何も見えない                 ⑤ 体外離脱と意識体分割                 ⑥ 見えない理由                 ⑦ 脳の工事                 ⑧ 知覚の拡大と信念の崩壊                ⑨ 宇宙人との交信                 ⑩ 時間と空間を解放する                ⑪ ビジョンとその見方                ⑫ 誰でもビジョンは見える                ⑬ フォーカス119とイチローの意識                 ⑭ ガイドに応える                 ⑮ アセンションへの役割                 ⑯ 今を生きる                  ⑰ 宇宙旅行                ⑱ 信念体系領域の圧縮とビジョンの意味                       ⑲ 宇宙から来た医師団                 ⑳ 約束
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。