宇宙から来た医師団、夢に住む。 by和田一真

森羅万象の本質と創造の原理。宇宙は心の象徴、鏡、比喩だった!                                         これは、覚醒者・前里光秀さんと宇宙人に教わったスピリチュアル世界の真相について語ったブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフライン体験記⑫ 誰でもビジョンは見える

4日目の午後は『セカンドリトリーバル(2度目の救出活動)』から始まりました。



自分の見たものを消さないように、見たものを信じようと決めて臨みました。そこで見たビジョンをいくつか書きます。



・ 西洋風の建物の外階段。高さ1メートルくらいの木がたくさんある。道がある。画面を180度転回する。目の前を2人の人が歩いている。ここは庭だ。広い。追いかけるがだんだんビジョンが小さくなって消えてしまった。



・ 空を飛んでいる。石でできた、鋭角の建物がたくさんある。中に穴が空いている。中に入ってみる。誰もいない。よく分からない。



・ 学校の教室。生徒はみんなおかっぱの女の子だ。みんな死んでいる(と思った)。先生はおばあちゃん。声を掛けても相手をしてもらえない。ビジョンの中に入り込めていないのか。そういえば、ビジョンに音がない。いつもそうだ。



・ 森の中にいる。目の前に道がある。下の方から10人くらいが何かを担ぎながら登って来た。外から布が被っている。目の前を通り過ぎる時、中が見えた。中には誰もいない。追いかけたが、ビジョンが消えてしまった。



・ 台所にいる。いや、ここはレストランだ。隣に8期生のMさんがいる。とてもニコニコしている。ビールを注いでくれた。何かを話した。憶えていない。



こういったよく分からないビジョンをたくさん見ました。



ブリーフィングルームではこの体験をシェアしました。



Mさんが出てきたビジョンの話もしましたが、「心当たりがない」と言われました。



しかしシェアが終わって部屋に戻る時、Mさんが僕のところへ走ってきて「さっきの話だけど、分かった。思い出した」と言われました。



先ほどのセッションで、たしかにレストランで誰かと飲み物を飲んだ記憶があるらしく、それが誰だか分からないが、それではないかということでした。



人とビジョンを共有したのは初めてだったので、どんな小さなことでも嬉しかったです。



ビジョンを見る時は、目を閉じて額で暗闇を見つめます。この時はただリラックスして額に意識を集中させるだけです。



それができるとそのうちに「ボヤ~」っと何かが見えてくるので集中していると画面に入り込みます。



画面に入り込む方法がいまいちピンと来ない時は、ビジョンが見えた時に一歩引いてそのビジョンが映っているスクリーンのある映画館のイスに1人で座っているビジョンを浮かべ、そこからスクリーンに走っていってビジョンの中に入り込む、という方法もあります。



最初は目の意識が強く、目で何かを見ようとしてしまいますが、普通目で何かを見ることはないと思います。



これらの方法を、ブリーフィングルームで話しました。



僕としては見えない人に



「そのうちにガイドが導いてくれる」とか



「必ずしも見える必要はない」、



「想像が創造だ」



というのは酷だと思っています。



それでは見えない理由が曖昧になってしまうし、誰しも鮮明なビジョンが見たくてこのプログラムに参加したのだと思うからです。



ある人から「その方法で知覚を拡大して何になるのか」というような意見をもらいました。



「本来は、自分で見えるようにならなくてはいけない」と。



その時僕は、これからこう言われ続けるのだと思いました。でもそういった声はあまり気にしないようにしています。



それまで僕なりの努力はしてきたし、ビジョンが見えるようになった理由、つまりミツさんへの感謝は絶対に忘れないからです。



誰にでもビジョンを見ることはできると思います。



僕が1日でいきなりビジョンが見えるようになって分かったのは、ビジョンが見えないのは、ただ意識の集中がうまくないだけなのです。



それができれば、誰でもビジョンが見えるはずなのです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 和田 一真

Author: 和田 一真
 
こんにちは!ありがとうございます^^

2008年5月に米国モンロー研究所のライフライン・プログラムに参加し、前里光秀さん(ミツさん)と親しくなりました。

米国モンロー研究所のヘミシンク技術で人類史上稀に見る爆発的覚醒を遂げたミツさん。

ハイアーセルフとの対話、歩きながらの体外離脱、多人数への意識体分割、ご飯を食べながら魂の救出活動、ディレクト・システムの分析、宇宙から来た医師団のチャネリングetc…

スピリチュアル世界を越え、辿り着いたのは森羅万象の本質と創造の原理。宇宙は心の象徴、鏡、比喩だった。

僕に楽しい体験や楽しい日常を綴らせてください!


追記:2011年11月、ミツさんはフルトランスチャネラーとなりました。

最新記事

右サイドメニュー

ご挨拶♪ よろしくお願いします

スピリチュアルラジオ番組こちらです

第1回  ミツさんの生い立ち         第2回  宇宙人との交信          第3回  ゆきぃさんの過去世     第4回  スピリチュアル恋愛講座     第5回  病気とスピリチュアル          第6回  心霊特集              第7回  体外離脱の活かし方           第8回  心の在り方と妊娠の関係          第9回  加速するシンクロニシティ               第10回 引きこもりについて                   番外編  うつ・引きこもりサポート                          第11回 行動が引き寄せる現実             第12回 奇跡の1日報告会                       第13回 ゆきぃと一真の変化                 第14回 UFOでのミーティング          第15回 1時間まるごと質問特集         第16回 ワーク参加のみなさん登場             第17回 ワークで激変したゆきぃさん            第18回 夢が意味すること             第19回 観念と死後の世界               第20回 変化、その先にあるもの

ライフライン体験記

① 自己紹介                  ② セッション開始                 ③ 通訳と交信                 ④ 何も見えない                 ⑤ 体外離脱と意識体分割                 ⑥ 見えない理由                 ⑦ 脳の工事                 ⑧ 知覚の拡大と信念の崩壊                ⑨ 宇宙人との交信                 ⑩ 時間と空間を解放する                ⑪ ビジョンとその見方                ⑫ 誰でもビジョンは見える                ⑬ フォーカス119とイチローの意識                 ⑭ ガイドに応える                 ⑮ アセンションへの役割                 ⑯ 今を生きる                  ⑰ 宇宙旅行                ⑱ 信念体系領域の圧縮とビジョンの意味                       ⑲ 宇宙から来た医師団                 ⑳ 約束
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。