宇宙から来た医師団、夢に住む。 by和田一真

森羅万象の本質と創造の原理。宇宙は心の象徴、鏡、比喩だった!                                         これは、覚醒者・前里光秀さんと宇宙人に教わったスピリチュアル世界の真相について語ったブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフライン体験記⑥ 見えない理由

3日目は僕にとって生涯忘れることのできない衝撃的な日となりました。



セッションはフォーカス24の「信念体系領域」に入り、自分の「信念」を書き出すことから始まりました。これはあまり考えず、適当に書き出しました。



「信念」は自分の側面なので、一度認識できてもなかなかサヨナラができません。しかし、この日の夜までにいくつか消えてしまうような出来事がありました。



また、「信念」を書き出した後、画用紙とクレパスを渡され、「利き手と逆の手で思いつくままに絵を書いてください」と言われました。



僕の書いた絵は大きな円がいくつかあって7色のカラフルなものでした。



その後それぞれペアになってお互いの絵について「ガイドからメッセージを受け取ってください」と指示があり、僕はペアになった女性から



「真っ直ぐな感じ。迷いがない」



と言われました。



「ビジョンが見えなくてかなり迷っているんですが」と思いましたが、部屋に戻るとアキラさんに



「この色、チャクラが全部揃ってるじゃないですか。一真くんらしいですね、すごく真っ直ぐなのが出てますよ」



と言われました。



2人とも同じ評価なのは驚きましたが嬉しかったです。



その後でアキラさんとペアになったMちゃんから話を聞いたのですが、アキラさんは画用紙に何も書いていなかったそうです。



それでもMちゃんが白紙の紙に対して必死にガイドからのメッセージを伝えたそうですが、アキラさんからはメッセージをもらえなく、「あの人何やねん!」と怒っていたのが面白かったです。



この後『フリーフローフォーカス25』『DECアザーズ』を2本立て続けに聞きました。しかしこれらのセッションで特に何もビジョンが見えなかった僕は、部屋でミツさんに相談しました。



僕は一緒の部屋にいるだけでいろいろ学べるので相談するのは極力やめようと考えていましたが、1年近く何も見えないままでいるので、ガイドを通してその理由だけでも聞きたかったのです。



ランチの時間だったのでミツさんからは「今ですか?」と言われましたが、正直にお願いしました。



見えない理由、それはガイドの1人である警察官が大きく関わっていました。



警察官は常に回りに意識を広げているため、それがキョロキョロした仕草になり、内面に意識を集中できていないことが分かりました。



僕は昔、「落ち着きのない子」でした。そして、人探しが異様に早く、人混みの中でも、反対側の歩道でも、すぐに友人や有名人を見つけます。それが出来てしまうのは、自分でも不思議でした。



これを活かす天職が警察官だったとは思いませんでしたが、それが分かると自分の中で何を変えていけばいいのか分かりました。



その後ランチでミツさんと食事をしている時、ミツさんが面白いものを見ました。



隣のテーブルの女性が「鉄が…」という話をしていると、その言葉が飛んで来て僕の目に2cmくらいの厚みがある鉄の塊がつきました。



そしてドロドロと流れ落ちていったのです。



「あーっ、目にこんな分厚い鉄の塊がついてますよ!ドロドロ流れ落ちています。すごい!これだけ分厚いものを目につけていたら誰も見えないですよ」



と笑いながら言われました。



この後、何かが変わっていくような気がして、ワクワクしていたのを憶えています。



そして午後のセッションが始まる前、シャワーを浴びていたミツさんのもとに僕のガイドの警察官が来たそうです。



「さっきも登場しましたよ。『ありがとう』って言われました。それでも被り物に表情を隠して顔を見せなかったですよ。かなり偉い人なんじゃないですか」



と、いつもの淡々とした顔で言われました。



僕はガイドに感謝しました。



本来、人にお礼など言いたくない性格なのだと思います。それが僕の知覚能力を拡げるために部屋を設定し、ミツさんのところへ走り、お礼も言う。



改めてガイドは常に強力に働きかけてくれているのだと思いました。



僕にビジョンを見て欲しいのです。自分たちの存在に気付いて欲しいのです。



その存在たちを代表して物質界に生きている、生かされている、ということを考えると、人生は本当に素晴らしいステージだと思いました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

 和田 一真

Author: 和田 一真
 
こんにちは!ありがとうございます^^

2008年5月に米国モンロー研究所のライフライン・プログラムに参加し、前里光秀さん(ミツさん)と親しくなりました。

米国モンロー研究所のヘミシンク技術で人類史上稀に見る爆発的覚醒を遂げたミツさん。

ハイアーセルフとの対話、歩きながらの体外離脱、多人数への意識体分割、ご飯を食べながら魂の救出活動、ディレクト・システムの分析、宇宙から来た医師団のチャネリングetc…

スピリチュアル世界を越え、辿り着いたのは森羅万象の本質と創造の原理。宇宙は心の象徴、鏡、比喩だった。

僕に楽しい体験や楽しい日常を綴らせてください!


追記:2011年11月、ミツさんはフルトランスチャネラーとなりました。

最新記事

右サイドメニュー

ご挨拶♪ よろしくお願いします

スピリチュアルラジオ番組こちらです

第1回  ミツさんの生い立ち         第2回  宇宙人との交信          第3回  ゆきぃさんの過去世     第4回  スピリチュアル恋愛講座     第5回  病気とスピリチュアル          第6回  心霊特集              第7回  体外離脱の活かし方           第8回  心の在り方と妊娠の関係          第9回  加速するシンクロニシティ               第10回 引きこもりについて                   番外編  うつ・引きこもりサポート                          第11回 行動が引き寄せる現実             第12回 奇跡の1日報告会                       第13回 ゆきぃと一真の変化                 第14回 UFOでのミーティング          第15回 1時間まるごと質問特集         第16回 ワーク参加のみなさん登場             第17回 ワークで激変したゆきぃさん            第18回 夢が意味すること             第19回 観念と死後の世界               第20回 変化、その先にあるもの

ライフライン体験記

① 自己紹介                  ② セッション開始                 ③ 通訳と交信                 ④ 何も見えない                 ⑤ 体外離脱と意識体分割                 ⑥ 見えない理由                 ⑦ 脳の工事                 ⑧ 知覚の拡大と信念の崩壊                ⑨ 宇宙人との交信                 ⑩ 時間と空間を解放する                ⑪ ビジョンとその見方                ⑫ 誰でもビジョンは見える                ⑬ フォーカス119とイチローの意識                 ⑭ ガイドに応える                 ⑮ アセンションへの役割                 ⑯ 今を生きる                  ⑰ 宇宙旅行                ⑱ 信念体系領域の圧縮とビジョンの意味                       ⑲ 宇宙から来た医師団                 ⑳ 約束
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。